「格安移動」で最安運賃が一目瞭然

- 「格安移動」で最安運賃が一目瞭然

自転車をこぐ人

「格安移動」で最安運賃が一目瞭然

国内旅行の際に、格安航空券を利用する事で、旅費をかなり抑える事が可能です。
移動手段を考えた時に、国内旅行の場合、定額の新幹線よりも格安航空券の方が安いケースも最近では珍しくありません。
出来るだけ移動手段を抑えたいという場合にオススメしたいのが、最安値情報の「格安移動」です。

最安値情報は「格安移動」

雪国の雪道

「格安移動」のサイトでは、高速バス、LCC、新幹線の最安値運賃を検索し、最安値情報を提供してくれるサイトです。
自分で1つ1つの移動手段の運賃を調べるのは大変ですよね。
それに自分では気づかなかった格安ルートを発見出来る可能性があります。

例えば東京⇔大阪間の11月の最安値情報が一覧でトップページに紹介されています。
高速バスだと1800円、LCCだと3490円、新幹線だと13620円となっています。
やはり、値引きされずに、他社との価格競争がない新幹線が高額となっています。

ただし高速バスが最も安いですが、その分移動に時間がかかってしまいます。
それに長時間高速バスに乗っていると、身体へのダメージも大きいですよね。
そのため必ずしも、価格だけで移動手段を選ぶのではなく、価格を比較した上で、新幹線のように1万円以上価格に違いがあるのであれば、高速バスを利用するけれど、LCCなら1500円程度しか違いがないのなら、LCCを利用しようと考える人も多い訳です。

また新幹線は高額だというイメージがあるかもしれません。
ですがLCCの場合は、地域に特化した路線が多いため、その路線に含まれない仙台の場合、飛行機の最安値は17040円となり、新幹線は10160円となり、新幹線の方が安いのです。
つまり目的地によっても、移動手段で最安値はどれなのか、結果が変わってくると言えるでしょう。

移動手段別のメリットとデメリット

先ほど移動手段の最安値で高速バスが最も安いと紹介しました。
ですが高速バスは、長時間の移動で疲れる事以外にもメリットがあります。
それは安い料金設定の場合、バスの中にトイレが設置していない場合があります。
もちろんトイレ休憩として、サービスエリアで定期的にトイレに行く機会はありますが、急にトイレに行きたくなった場合は我慢をしなければいけません。

またお盆や年末年始の繁忙期になると、交通渋滞によってただでさえ長時間の移動に加えて、渋滞待ちの時間が加わってしまうので、負担がさらに増す可能性もあります。
LCCと新幹線にもそれぞれメリットとデメリットがあるので、移動手段として利用する前に、その移動手段のメリットとデメリットは必ず把握しておくようにしましょう。