地域に特化したサービスでお得:バニラエアとピーチ

- 地域に特化したサービスでお得:バニラエアとピーチ

自転車をこぐ人

地域に特化したサービスでお得:バニラエアとピーチ

人によっては、飛行機を利用する時はいつも同じ航空会社を利用しているという人も多いかもしれません。
確かにANAやJALなどの大手航空会社であれば、全国対応しているので国内旅行で飛行機を利用する際に、不都合さを感じる事はないはずです。ですが格安航空券のLCCは、特定の地域に特化した航空会社が多いので、目的地によって航空会社は変えた方が格安航空券を手に入れる事が出来ると言えます。

リゾート地ならバニラエアがお得

LCCは国内全ての路線に対応している訳ではなく、特定の地域の路線に特化しています。
そのためそれぞれのLCCの強みを知っておけば、目的地によって航空会社を変えた方が格安航空券を予約する事が出来ると言えます。

ではどのLCCがどのような強みを持っているのか、紹介していきます。
例えばバニラエアの場合は、成田国際空港を拠点にしていて、人気のレジャーリゾート地に特化していると言えます。
なので、札幌や沖縄などのリゾート地への旅行を計画しているのなら、バニラエアがお得です。

しかも航空券がお得になるだけではなく、機内サービスでリゾート気分を盛り上げてくれます。
機内食は、南国の太陽をイメージしたオレンジマドレーヌを用意しています。
またバニラエアの機内誌「たびクーポン」には、レジャーに特化したお得な情報が満載で、掲載されているクーポンを活用する事で、飲食店や観光地で割引をしてもらえます。

関西圏ならピーチがお得

ピーチは、関西国際空港を拠点とし、関西圏で特にお得なので人気が高いLCCです。
コスト削減のため、機内食は有料のサービスとなりますが、有料だからこそ味には拘っています。
例えば関西と言えば、お好み焼きやたこ焼きなどの粉ものは、食べておきたいところです。

機内食で本格的なお好み焼きやたこ焼きが食べれる航空会社は、ピーチだけだと言えるでしょう。
他にも吉本芸人がプロデュースしている人気のカレーパンも販売しています。

そしてピーチは機内アナウンスが、独特です。
なぜかというと、関西弁で機内アナウンスをしているからです。
機内からすでに大阪気分を味わう事が出来、目的地に到着する事には、旅のテンションもMAXの状態で楽しむ事が出来るでしょう。

LCCは座席にモニターがないから、飛行機の中で映画を楽しむ事が出来ないと思っている人も多いかもしれません。
ですがピーチなら、日本初のチケット連動型機内エンタメアプリを無料でダウンロードする事が可能です。
そしてこのエンタメアプリをダウンロードしておけば、機内でもスマホで映画を観る事が出来ます。